不妊治療について

一般的な不妊治療から高度生殖補助医療まで。
患者さまの心と身体の負担に配慮しながら進めていきます。

それぞれの患者さまの気持ちを受け止めながら、心身になるべく負担をかけない治療を心がけています。

高度不妊治療が可能な最新の設備環境を整備しました。

不妊だけでなく、妊娠・性交に関することで気になることがあれば、まずはご相談ください。

当院の考え方

担当医とスタッフが責任をもって
カウンセリングを行いつつ
治療を進めていきます

最先端の生殖補助医療を展開
専門医による高度な
不妊治療・不育治療をご提供

院長からの
メッセージ

私の不妊治療についての考え方は「自然あるいは自然に近いかたちで、お二人の妊娠できる力を引き出すこと」です。そのために必要なことは何なのか?具体的に示し、必要な検査はピックアップして行います。

日本生殖医学会生殖医療専門医、日本産科婦人科学会専門医として、エビデンスに基づいた医療と最新の知見を患者さまに提供し、より良い成果が出るよう日夜つとめています。

妊活をはじめると、いろいろ勉強になって、興味深いこと、楽しいこともありますが、つらいことやしんどい時もやはりあるでしょう。無論早めに結果を出し、クリニックを卒業できることが最もよい方法ですが、せっかく当院を選んでいただいたので、ここへ来て良かったな、栄太先生と出会えて良かったな、あのスタッフさんに会えて良かったなと思っていただけるような環境づくりを心がけています。

治療、検査については、丁寧でわかりやすい説明と、診断力、技術力には定評も得ています。これは私を育てていただいた、諸先生方のおかげです。素晴らしい先生方に出会えたことに感謝し、それを今、患者さまに還元していくことが私の任務だと思っております。

ダイヤビルレディースクリニック

院長 水谷栄太

当院での
不妊治療について

不妊症とは

不妊症とは性交があっても妊娠しない状態を意味します。一般的には1年間避妊なしで性交があっても、妊娠しない状態を言います。(1年は目安で、各カップルによってその期間の感じ方、考え方は異なります。短い方もいれば長い方もあります。)決してめずらしいことではありません。(およそ 10-15% といわれます。)

妊娠はさずかりものですから、特に病院にかからなくてもいいやと思うかもしれませんが、男性も女性も生きている限り永遠に妊娠できるわけではありません。人はそれぞれ歳を重ねていって、年齢の変化によって妊娠するための条件が難しくなることもあります。あかちゃんを欲しいと願っているのになかなか妊娠しない場合は専門の医師等に相談することも解決策の1つです。

出典 一般社団法人 日本生殖医学会 「生殖医療の必修知識」

最先端の設備

当院では、患者さまそれぞれに丁寧なカウンセリングを行い、年齢や既往歴を踏まえつつ、段階的に不妊治療を進めています。まずは、心身にダメージの少ないタイミング療法からはじめ、結果が出なかった場合に、人工授精、そして専門性の高い体外受精や顕微授精へとステップアップ。すでに他院で不妊治療を経験された方、妊娠に向けて治療を再開したいという方には、治療内容を確認したうえで、的確な治療法からのスタートをご提案させていただきます。高度な先進治療を提供するために、最新の設備にこだわりましたので、生殖補助医療について詳しい説明もさせていただきます。

また、流産を繰り返してしまう不育症治療にも力を注いでいます。不安を感じている方は、一度来院してください。

検査・治療の流れ

Step1 「排卵」「卵管」「精子」「性交」の4つに重点をおいて検査と治療を進めていきます。

排 卵にかかわる大切な検査
○下垂体ホルモンの分泌を血液検査で実施

月経2-5日目に1回。LH、FSHの測定。

○卵胞チェック

月経周期によって異なりますが排卵前に経膣超音波で主席卵胞の大きさなどを確認し、排卵を予測します。

○排卵後の確認を経膣超音波と血液検査で行います。

排卵後数日に1回行います。黄体ホルモンの血液検査を行います。

治 療

排卵障害がある場合は、体質改善で排卵をうながしたり、
排卵促進剤の内服やHMG注射を使用して排卵しやすくすることを行います。

卵 管にかかわる大切な検査
○クラミジア検査

性感染症の一つで、慢性化すると卵管水腫を作り、卵子および受精卵の移動を妨げるクラミジアの感染がないか採血で検査します。

治 療

抗生剤 場合によっては外科的治療

○卵管通過性検査

当院は通水検査で行いますので、レントゲンは使いません。

治 療

卵管通過性が確認できない場合は連携医療機関で子宮卵管造影を行い再確認し、通過がない場合は外科的治療を行うことがあります。

精 子にかかわる大切な検査
○精液検査

院内の男性用の採精室で採取していただくか、専用の容器を事前にお渡しし、ご自宅など院外で採取し持ち込んでいただいて検査を行います。持ち込みの場合は採取2時間以内の到着をお願いしています。

治 療

精液検査は1回ではなかなか判断が難しいです。そのときの体調などでも精液の状態は大きく変化することがあるので、一喜一憂しすぎる必要はありません。再検査を行い、無精子あるいは乏精子、精子無力症の場合は、ホルモン検査を行ったり、サプリや内服の治療と同時に、外科的治療で改善することもあるので、生殖専門医の泌尿器科の先生を紹介させていただきます。

性 交にかかわる大切な診察

痛みが強く、性交が行えない性交障害。男性も女性もいずれにも起こりえます。物理的な原因がある場合は、痛みを緩和する方法の指導を行っています。

また性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態であるEDについてもカウンセリングや内服の治療を行っています。EDの頻度は大変多く、軽~中等症のEDについては日本人男性の20-30%くらいに見受けられます。いろいろ方法を駆使してもうまく性交ができない場合は、妊娠を先行する選択(人工授精や体外受精にすすむ)もおすすめします。

Step2 Step1のチェック中に妊娠に至らない場合は、追加の検査を行います。

着 床等に関する検査
○子宮鏡検査

内視鏡を経膣的に挿入し、子宮のなかを確認します、着床を邪魔するポリープや筋腫、奇形などがないか、また慢性炎症などがないか確認します。

治 療

ポリープなどは内視鏡で切除 大きな筋腫などは連携病院で外科的切除 慢性子宮内膜炎については抗生剤治療

○ホルモン検査

排卵、着床に関わるホルモンの検査を採血で行います。 TSH PRL HOMA AMH

治 療

甲状腺など内分泌異常のある場合は連携医療機関の内科の先生を紹介し必要あれば投薬は当院で行います。

○精子に対する抗体の検査

精子不動化抗体の採血検査

治 療

人工授精の適応となります。

○子宮内フローラ検査

子宮内の菌の割合を調べる検査。妊娠には善玉菌であるラクトバチルス属優位が良いとされ、子宮内環境が妊娠に適しているかどうかを調べます。

Step3 高度不妊治療関連検査

○子宮内膜着床能(ERA)検査

着床において、子宮内膜が胚を受け入れる最適な着床時期を判断。子宮内膜に発現している238種類の着床に関連する遺伝子を解析しWOIかどうか判断します。

○子宮内膜マイクロバイオーム(EMMA)検査

子宮内の細菌叢が胚移植に最適な環境であるかどうかをみます。

○感染性慢性子宮内膜炎(ALICE)検査

慢性子宮内膜炎の原因となりうる細菌を検出する検査です。

出産後のケア・メンタルヘルスケアなども行っています。

当院は、婦人科全般の診療体制を有しているクリニックです。出産後、疲れやすくなった、不眠が悪化したなどの体調変化をはじめ、育児や家事でのストレス、仕事への復帰について、今後のファミリープランについて、さまざまなお悩み事もお聞かせください。経験豊富なスタッフが相談にお答えしています。

妊活セミナーなごや ダイヤビルレディースクリニック主催
不妊治療勉強会

前半は、より優しい不妊治療や知っておきたい妊娠のメカニズム、自然周期から最新不妊治療まで、わかりやすく説明します。

後半は高度不妊治療(体外受精・顕微鏡精)のお話をします。

不妊治療ビギナーからある程度治療を行って高度治療へのステップアップをお考えの方にも知識の再確認として、とってもためになるセミナーになっております。

開催日毎月第3土曜日 17時00分~19時15分
参加対象

不妊治療をお考えの方ならどなたでも参加可能です。

基礎的なことからお話しますので予習などは不要です。

気軽に参加してください。

カップル、ご夫婦でのご参加歓迎いたします。

お子様連れでの参加はご遠慮願います。

内 容

① 基礎からわかる妊活スタート(不妊治療勉強会)

② はじめての体外受精・顕微授精(体外受精勉強会)

③ なかなか聞けない精子の話【男の妊活について】

担当講師院 長
費 用無 料
場 所当 院

*定員(20名)になり次第締め切りとさせていただきます。

ダイヤビルレディースクリニック
【代表番号】052-561-1881

葉酸をはじめとする妊活中の女性に
大事な栄養素を配合。